ホーム > 丹波カルデンとは? > 丹波カルデンは、人を育てる「楽農園」。

丹波カルデンは、人を育てる「楽農園」。

丹波カルデンは、丹波の自然や農場を、一回限りの体験ではなく、持続的な人の育成に活用するための仕組みです。高齢化などで増える遊休農地を抱える農家とお客様をつなぎ、農家のサポートのもとで、田畑を利用できるようにしました。

たとえば企業でご活用いただければ、セミナールームでの集合研修、職場でのOJTを補完する、いわば「第3の研修会場」としてご利用いただけることでしょう。

丹波カルデンイメージ丹波カルデンでは、年間を通して土作りから種まき、草刈り、収穫と経験することで、楽しさの中にも自然に左右される厳しさも知ることになります。それは、計画された人工環境の中で生きている現代人にとって、忘れがたい経験です。協働作業を通して得られる充実感とともに、この経験が、情緒と創造性と協調性をもたらすことでしょう。ただ癒しの場にとどまらない、人を育てる場としての価値を持つのです。

丹波カルデンは、市民農園のように細かく分譲してお貸しすることはありません。できるだけ団体(数家族、グループ)や企業に活用してもらい、丹波カルデンを癒しとふれ合いの交流空間にしてほしいからです。1カルデンの単位(広さ)は1反(10a,約300坪)、利用契約は1年ごとの更新です。

ホーム > 丹波カルデンとは? > 丹波カルデンは、人を育てる「楽農園」。

記事の検索
Feeds
農商工連携認定事業

Return to page top