ホーム > 丹波ニューツーリズム > 丹波感幸旅行 記事一覧

丹波感幸旅行 記事一覧

丹波感幸旅行  今、「観光」から「感幸」の時代と言われています。田舎元気本舗の「丹波"感幸"旅行」は、光景を観る従来の観光ではなく、丹波の地域資源を活かした経験から幸せを感じる「感幸」を提供する、受託型サービスです。
 農業体験はもちろん、そば打ちや山菜摘みとその料理、座禅など、ご相談に応じ各種を組み合わせて提供します。

今、旅は「観光」から「感幸」へ。

これからの旅は、光景を観る「観光」から、幸せを感じる「感幸」に変わると言われています。「感幸」とは、五感をフルに動員することで、感性や知力、情緒を育み、人を元気にする営みです。新時代の旅は、昨日までの疲れをとるだけではなく、明日への活力をもたらす場として期待されています。

続きを読む

農村環境を通じて、自律的な学びを促します。

大自然の中で仲間と汗を流すとき、吹きぬける風のように、ふっと心が開放される。そんなとき、人は何かを感じ、何かを学びます。あらかじめ計算されたものではない、空白の経験が、自律的に学び活動することを促すからです。丹波ニューツーリズムに参加されたひとりひとりの目の輝きが、その価値を語ります。参加者の声から、いくつかをご紹介します。

続きを読む

協働体験によって人間関係を構築します。

丹波ニューツーリズムは、個人の感性や自律性を大切にしながら、グループでの協働体験を基本とします。参加者からは、「人間関係構築」を効果として実感する人が半数を超えるなど、支えあいながらの体験の価値が評価されています。

続きを読む

社員研修としての活用にも最適です。

丹波ニューツーリズムでは、日常触れることの少ない自然体験や農業活動を「新しい社員研修のカタチ」としてご提案します。グループ(15?20名、目的などにより異なります)単位で「農業」をテーマに、問題発見からプラン作成、解決までを協働体験することで、自ら考え、自ら探求し、そして自ら発見する「人間力」を育成します。

続きを読む

地域資源を活用した多彩なメニューを提供します。

丹波ニューツーリズムでは、農体験をはじめグリーン・ヘルス・エコツーリズムなど、多彩な地域資源を活かしたメニューの中からプログラムをつくり、地域の農家さんや専門家とともに実施します。

続きを読む

田植えツアー(大阪市労働組合)

農協観光の「農体験・田植えツアー」  2011年6月4日
大阪市職員組合のみなさんs-DSC_0010.jpg

 昨年の春と秋に引き続き、今年も大阪市職員組合のファミリーが田植えツアーに来られました。 田植えツアー1164.pdf

すべての記事一覧へ

ホーム > 丹波ニューツーリズム > 丹波感幸旅行 記事一覧

記事の検索
Feeds
農商工連携認定事業

Return to page top